白癬菌の感染経路と水虫は抗真菌薬のゼフナートで治療

水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で発症します。
うつる皮膚病という事もあり、気になる方も多いのではないでしょうか?

家族に水虫を患っている方がいる場合、白癬菌に感染する経路は数多くあります。
スリッパやカーペット、バスマットには白癬菌が潜んでいる可能性が大です。
これらを素足で踏んでしまうと、白癬菌が足の裏に付着し水虫の発症率が高まります。

また、家以外にも感染経路は存在しているので注意しましょう。
温泉やサウナ、スポーツジム、介護施設など不特定多数の方が利用する施設は、感染経路になりえます。
これらの施設を使用した後は、しっかりと足の裏や指の間を清潔に保つ事が大切です。

白癬菌は皮膚に付着したからといって、すぐに感染して水虫となる訳ではありません。
一般的に白癬菌は24時間しないと、皮膚の角質層には感染しないと言われています。
ですので、1日1回、足の裏と指の間を清潔に保てば、水虫の発症リスクを下げる事が可能です。

しかし、対策法を行っていても、水虫となってしまうケースも少なくありません。
水虫になってしまっても、抗真菌薬によって完治できます。
抗真菌薬には色々な種類がありますが、その中でもゼフナートという外用薬は水虫の治療に有効です。

ゼフナートは白癬菌にきわめて強い、抗菌作用を持つ外用薬と言われています。
白癬菌の細胞膜に作用し再合成を抑制する為、白癬菌を死滅させ水虫を完治させるのです。

ゼフナートの抗真菌薬は1日1回、患部に塗るだけで効果を発揮します。
何度も塗り直す必要が無いので、忙しい方でも続けやすいでしょう。

足の裏が痒い、皮膚がむけるといった水虫のような症状を感じたら、早めに抗真菌薬で治療を受けましょう。