抗真菌薬「ルリコンクリーム」の効果

皮膚科で処方される抗真菌薬には色々な種類がありますが、幅広い真菌による皮膚病の治療に用いられているのが「ルリコンクリーム」です。

この抗真菌薬はイミダゾール系となっており、優れた効き目がありつる、肌への刺激が少ないと言われています。
水虫を引き起こす白癬菌の他にカンジダや癜風菌の治療にも用いられています。

ルリコンクリームは真菌の細胞膜に作用するのが特徴です。
白癬菌をはじめとするカビの細胞には、人の細胞には無い植物性細胞膜を持っています。
抗真菌薬はこの植物性細胞膜の再合成を阻害し、真菌の発育を阻止する効果があります。

症状が出ている部分にルリコンクリームを塗る事で、真菌類を殺菌し完治する事が可能です。
ルリコンクリームは角質層に、長く留まるように作られているので、1日1回のケアでも十分に効果を発揮します。
ですので、何回も塗り直すという必要はありません。

面倒臭がりな性格という方や、仕事などで忙しく塗り直す時間がなかなか取れないという方も、この抗真菌薬であれば治療を続けやすいでしょう。

ただ、真菌症の場合、症状が出ていない部分にも、真菌が潜んでいるケースがあります。
特に水虫は患部だけに塗っていても、症状が出ていない部分に白癬菌が潜んでいる場合が多いようです。
完治させるには症状が出ている所だけでなく、その周りにも真菌薬を塗り込む事が大切です。

また、非常に効果に優れた抗真菌薬ですので、治療を始めると症状がすぐに収まる場合もあります。
症状が治まったからと勝手に治療を止めてしまうと、残っていた真菌がまた増殖して再発してしまうリスクがあります。
治療は自分勝手に止めるのではなく、医師と相談して決めましょう。