抗真菌薬「ルリコンクリーム」の効果

皮膚科で処方される抗真菌薬には色々な種類がありますが、幅広い真菌による皮膚病の治療に用いられているのが「ルリコンクリーム」です。

この抗真菌薬はイミダゾール系となっており、優れた効き目がありつる、肌への刺激が少ないと言われています。
水虫を引き起こす白癬菌の他にカンジダや癜風菌の治療にも用いられています。

ルリコンクリームは真菌の細胞膜に作用するのが特徴です。
白癬菌をはじめとするカビの細胞には、人の細胞には無い植物性細胞膜を持っています。
抗真菌薬はこの植物性細胞膜の再合成を阻害し、真菌の発育を阻止する効果があります。

症状が出ている部分にルリコンクリームを塗る事で、真菌類を殺菌し完治する事が可能です。
ルリコンクリームは角質層に、長く留まるように作られているので、1日1回のケアでも十分に効果を発揮します。
ですので、何回も塗り直すという必要はありません。

面倒臭がりな性格という方や、仕事などで忙しく塗り直す時間がなかなか取れないという方も、この抗真菌薬であれば治療を続けやすいでしょう。

ただ、真菌症の場合、症状が出ていない部分にも、真菌が潜んでいるケースがあります。
特に水虫は患部だけに塗っていても、症状が出ていない部分に白癬菌が潜んでいる場合が多いようです。
完治させるには症状が出ている所だけでなく、その周りにも真菌薬を塗り込む事が大切です。

また、非常に効果に優れた抗真菌薬ですので、治療を始めると症状がすぐに収まる場合もあります。
症状が治まったからと勝手に治療を止めてしまうと、残っていた真菌がまた増殖して再発してしまうリスクがあります。
治療は自分勝手に止めるのではなく、医師と相談して決めましょう。

白癬菌の感染経路と水虫は抗真菌薬のゼフナートで治療

水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で発症します。
うつる皮膚病という事もあり、気になる方も多いのではないでしょうか?

家族に水虫を患っている方がいる場合、白癬菌に感染する経路は数多くあります。
スリッパやカーペット、バスマットには白癬菌が潜んでいる可能性が大です。
これらを素足で踏んでしまうと、白癬菌が足の裏に付着し水虫の発症率が高まります。

また、家以外にも感染経路は存在しているので注意しましょう。
温泉やサウナ、スポーツジム、介護施設など不特定多数の方が利用する施設は、感染経路になりえます。
これらの施設を使用した後は、しっかりと足の裏や指の間を清潔に保つ事が大切です。

白癬菌は皮膚に付着したからといって、すぐに感染して水虫となる訳ではありません。
一般的に白癬菌は24時間しないと、皮膚の角質層には感染しないと言われています。
ですので、1日1回、足の裏と指の間を清潔に保てば、水虫の発症リスクを下げる事が可能です。

しかし、対策法を行っていても、水虫となってしまうケースも少なくありません。
水虫になってしまっても、抗真菌薬によって完治できます。
抗真菌薬には色々な種類がありますが、その中でもゼフナートという外用薬は水虫の治療に有効です。

ゼフナートは白癬菌にきわめて強い、抗菌作用を持つ外用薬と言われています。
白癬菌の細胞膜に作用し再合成を抑制する為、白癬菌を死滅させ水虫を完治させるのです。

ゼフナートの抗真菌薬は1日1回、患部に塗るだけで効果を発揮します。
何度も塗り直す必要が無いので、忙しい方でも続けやすいでしょう。

足の裏が痒い、皮膚がむけるといった水虫のような症状を感じたら、早めに抗真菌薬で治療を受けましょう。

疥癬の民間治療:抗真菌の効果があるアロエについて

疥癬は、ヒゼンダニの寄生によって引き起こされる皮膚感染症のことです。日本語では湿瘡や皮癬とも呼ばれます。疥癬は交尾を済ませたヒゼンダニの雌成虫が皮膚の角質層内にトンネルを掘って寄生し、その中で産卵をすることで発生します。はじめて寄生された場合には皮膚には皮疹が現れ強いかゆみが生じます。ヒゼンダニそのものの大きさは非常に小さく体長はわずかに400μミリであり肉眼で確認することはできません。このため一見すると疥癬と白癬の見分けが付かないため顕微鏡などで確認をする必要があります。

疥癬の治療法としては外用薬で対応するのが一般的でフェノトリンやクロタミトン、ペルメトリンといったものが使われます。また近年は内服薬としてイベルメクチンも利用されるようになっています。白癬と異なり抗真菌薬ではなくいわゆる殺虫作用のある薬が使われます。また白癬が抗真菌薬を利用しなければ完治できないのに対して、疥癬は虫の寄生によって行われているので、殺虫性のある薬剤を利用することで治療することが可能です。

一方で疥癬は白癬と同じく古くから人間を悩ましてきたこともあり、さまざまな民間治療法が伝わっており、そのひとつがアロエになります。アロエはサボテンのような多肉植物であり、古くから生薬として用いられてきた植物として知られます。特にアロエベラは大きな茎となるため採取するのに向いています。採取される抽出物は怪我や火傷、皮膚感染症などに効くとされており、疥癬治療にも古くから使われてきています。疥癬に対して効果がある理由としては殺菌性があるため傷口の炎症を抑え細胞を活発化されるといったことがあります。またアロエの成分には抗真菌作用があるため白癬の成長を阻害するとった働きもあります。

皮膚科では尋常性乾癬の治療や回収された抗真菌薬

皮膚科で治療出来る病気のひとつに尋常性乾癬があります。
尋常性乾癬は境界がはっきりした盛り上がった紅斑が全身に出る皮膚病で、患部の表面に白色の厚い皮が付き、それが粉として剥がれ落ちることもあり、かゆみを伴うこともある病気です。
尋常性乾癬が起こる原因はまだよくわかっていませんが、周りの人にうつる病気ではないので、この病気の人を見かけても避けたりしないようにしましょう。
尋常性乾癬の治療にはステロイド外用薬やビタミンD3外用薬などが使われますが、この病気が疑われる場合はとにかく皮膚科で診察を受け、医師と治療方針を相談してください。
さて、尋常性乾癬は爪に症状が出て白っぽく分厚くなり、爪水虫と間違うことがあるので注意が必要です。
爪水虫は尋常性乾癬の治療とは違い、抗真菌薬での治療が必要となるので、爪が白っぽく分厚くなるなどの異常を見つけた場合は、早めに皮膚科で診察を受けるのがおすすめです。
爪水虫は名前からもわかるように、水虫と同じ白癬菌が原因となって起こる病気です。
足の水虫は正確には足白癬といい抗真菌薬で改善出来るので、足の水虫を早く治したい人も皮膚科で診察を受けて薬を処方してもらうのが良いでしょう。
ところで、抗真菌薬と言えば、2015年11月にラノコナゾールとルリコナゾールという成分が配合された抗真菌薬を製造販売会社が自主回収するという出来事がありました。
この抗真菌薬の自主回収は、原薬製造業者に製造・品質(GMP)管理上の不備が指摘されたためで、回収している薬を使ってしまった場合でも、健康被害が起こる可能性は無いと説明されています。
また、この回収された薬と同じ成分を配合している市販の水虫治療薬も同様に自主回収と販売休止がされましたが、健康への影響は無いとされています。
もしも、あなたがいつも使っていた水虫治療薬が薬局で見当たらないなら、皮膚科で治療薬を処方してもらってはどうでしょうか。

抗真菌と大人の靴について

靴はとても便利なものであり、サラリーマンやOLさんであれば、必ず会社に行く際には履かなければ出社できません。

また、履く靴によっても快適さがあれば、逆におしゃれを重視にして、靴を選ぶ方も大勢おられます。

特に若い世代の方の場合、または大人でも、おしゃれに気を使って履きづらい靴をずっと履いている、またはお気に入りが1つであるため、毎日その靴を履いている、そのようなケースもあります。

大人の場合、毎日会社に行く人がほとんどであり、また大人になると自由が少なくなるほど働くケースが多いため、靴に対しても手入れがされていないことが多くあります。

そのような場合、お気に入りや毎日履いている靴に、雑菌がたまってしまうケースがあるのです。

雑菌がたまってしまった結果、どのようになってしまうのか?というと、よくある話ですが、水虫になってしまいます。

水虫は、最初、なりかけの頃にはあまり気づきません。

足であるため、しげしげと眺める箇所でもありませんし、女性で足にネイルなどの処理をしている場合には、すぐに水虫などには気づきますが、大人の男性は、ほとんど足裏や足を見ないことが多いものです。

その結果、そのうち、かゆいな、という症状の自覚があらわれ、気づいたら水虫に侵されていた、という結果になってしまうのです。

水虫を退治するには、抗真菌薬を購入する必要があります。

薬局でも手に入りますし、病院で診察の後、抗真菌薬は手に入ります。

抗真菌薬をしっかりと、足裏などに塗り、靴をしっかりと清潔に保ち、しっかりと洗い、手入れを行うことによって、かゆい症状の水虫は、抗真菌薬によって、なくなっていきます。

また、手入れの際には、しっかりと清潔になるように洗ってください。

抗真菌と足の裏と長期間について

気づけば足の裏がかゆい、何だか足の裏がおかしい、皮がむけた状態になっている…このような体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

これは何の病気だろう、と皮膚科の先生に診察をしてもらった結果、顕微鏡で検査を行ったところ、それは水虫であったというケースがあります。

何かの皮膚病である場合もあるため、念のため、皮膚科では足の皮のめくれた部分などを切り取り、顕微鏡で検査にかけるのですが、それは水虫であるか確実に検査を行うためです。

水虫は、抗真菌の薬で治すことができますが、実は、長期間ひそんでいるやっかいな存在です。

抗真菌の薬を使い、足の裏や足のすきまなどに、丁寧にきれいな手で塗り、日々、抗真菌薬を塗り続けた結果、あれほど酷かった足の裏の皮が治った!と喜ぶ方も多いのですが、水虫は完全には消えません。

たとえば、初期の段階で、水虫だと分かったため、抗真菌の薬を塗って様子を見てから、念のため皮膚科で先生に検査を行ってもらうと、水虫の菌は、抗真菌を塗られたことで、奥に隠れてしまい、顕微鏡に出てこないことさえあるのです。

そのため、暫く放置していて、靴や靴下の手入れを怠っていると、気づくとまた、水虫が発生している!という事態になるほど、長期間にわたって、水虫は足に存在しているのです。

また、水虫の足の裏の状態が酷い場合であると、長期間にわたる治療が必要であり、場合によっては、薬局の薬ではとても対処できず、皮膚科の先生の出してくれる抗真菌の薬でやっと治るケースもあるくらいです。

水虫は、一見、なんともない軽い病気のように思われますが、日々、清潔にくつなどを保たないと、長期間の治療を必要とするほどやっかいな存在です。

犬の皮膚真菌症と人間に感染したら抗真菌薬配合を

犬の皮膚真菌症とは真菌(カビ)が皮膚に寄生する事で生じる皮膚病で、白癬菌やカンジダ、皮膚糸状菌など様々な菌が原因になり得ます。真菌は皮膚のアカや被毛、皮脂などを栄養として増殖しするため、皮膚真菌症になってしまった犬は症状が悪化しないように毛を刈ってこまめに体を拭いてあげ、清潔に保つ事が重要です。真菌は人にも感染するため、犬から人が感染すると水虫などの皮膚病を発症します。犬の皮膚真菌症を治療するには抗真菌薬を使って菌を殺菌する必要があります。主に塗り薬や飲み薬、薬浴などの治療薬を用いますが、皮膚の奥まで菌が寄生し症状が重い場合には抗生物質を併用しながら治療を行うケースもあります。菌が完全に死滅するまでの時間は症状の重さによって変わりますが、一般的に1カ月から6カ月程度かかります。
もしも犬の真菌が飼い主に感染してしまった場合、飼い主も治療を行う必要があります。ピロエースは水虫などの白癬菌による症状に効果のある市販薬です。クリームや液状、軟膏やスプレーなど様々な種類が存在し、症状に合わせて使い分ける事ができるのが特徴です。ピロエースZには抗真菌成分であるラノコナゾールが配合されていて、これは白癬菌やカンジダなどの真菌に殺菌的に作用するため、きちんと使用し続ければ水虫を完治させる事も可能です。ピロエースなどの市販薬で白癬菌による皮膚疾患を治療する時に注意したいのは、症状が無くなって完治したように見えても、菌は死滅せず皮膚の奥に潜んでいる場合があります。そのような場合、抗真菌薬の使用を中止してしまうと、また菌が増殖し水虫が再発する可能性もゼロではありません。完全に菌が死滅したか確認するためには、病院で皮膚を採取し菌が存在しているか検査を行う必要があります。

内服抗真菌薬における副作用

水虫といえば足の裏や指の間に、症状が出る皮膚病というイメージが定着していますが、実は色々な場所で発症します。
頭や手などの他に、爪も水虫になるのです。
水虫を引き起こす白癬菌は、皮膚や爪に含まれるタンパク質、「ケラチン」をエサとしています。
爪にもケラチンが含まれているので、白癬菌が感染してしまうケースがあるのです。
硬い爪ですが白癬菌は自ら、ケラチンを溶かす酵素を出し、爪を溶かしながら感染していきます。
爪水虫になってしまうと、爪が白く濁ったり、ポロポロと崩れるのはその為です。

皮膚に白癬菌が感染した場合は、外用薬で治療を行いますが、爪は硬く有効成分が浸透しません。
そこで、抗真菌成分を含んだ内服薬で、爪水虫は治療します。
内服薬であれば体の中から、抗真菌成分を取り込む事ができるので、硬い爪にもしっかり作用するのです。
爪水虫は完治するまでに時間がかかりますが、根気よく治療を行う事で白癬菌の退治が可能です。
ただし、抗真菌薬を含んだ内服薬は医薬品ですので、副作用がつきものです。
服用した事で胃の不快感や吐き気、腹痛や下痢といった胃腸の副作用が現れるケースがあります。
また、湿疹やかゆみといった皮膚に起こる副作用も報告されています。

この他に稀ではありますが重篤な副作用も報告されているので、服用する際は注意しましょう。
重い副作用としては肝機能障害や黄疸、発熱や頭痛、めまいにむくみ、疲労感や血圧低下が挙げられます。
特に肝機能障害は重い症状を引き起こす為、内服薬を続けて服用するという場合は、こまめに血液検査を行い、肝臓の機能に異常がないかチェックする事がおすすめです。

服用して、このような症状が現れた場合は、一旦飲むのを中止し医師に速やかに相談しましょう。

外用抗真菌薬における副作用

真菌感染症としてよく知られているものには白癬菌に対する感染症である水虫や、カンジダ菌に対する感染症であるカンジダ症などがあります。こういった感染症は皮膚における感染であることが多いため、外用抗真菌薬の使用によって治療を行っていくのが現在の主流な治療法となっています。殺菌性があって有効性の高い治療薬が開発されてきたことによってこういった真菌感染症は完治できるようになっているのが現状ですが、その完治のためには根気が必要なのが事実です。少しでも真菌が患部に残っていると再発してしまう可能性が否めないからであり、症状がなくなってからも長期間にわたって外用抗真菌薬を使用し続けなければならないからです。長期間の使用となると多くの人が気にかけるようになるのが薬の副作用であり、抗真菌薬を使用し続けることによって危険な状況になってしまわないかが懸念されるようになります。多くの医薬品においてはそういった懸念が必要なのは事実ですが、抗真菌薬の場合にはその安全性について高い信頼性があります。真菌に独特のプロセスを阻害することによってその薬理作用が発揮されているからであり、長期間にわたって使用を続けてもそれほど重篤な副作用が発生することはありません。それに加えて、外用薬であることから全身に渡る副作用が生じることは極めて稀であるという特徴があります。体質として合わなかった際にアレルギー症状を起こしたり、皮膚に炎症ができてしまったりすることはありますが、体質に合った抗真菌薬に変更することによってその副作用もなくしていくことができるのが一般的です。その安全性の高さから薬局でも購入できるようになっているのが外用抗真菌薬の特徴です。